受講必要講座について

 

※[学び直し受験制度の概要]ページを必ずご確認ください。

 

 

受講する講座は対象者によって異なります。

各条件の表に「必要」と記載されている講座を受講してください。

 

2016年度学び直し実証講座の詳細は、以下のホームページからご確認ください。

[愛犬美容看護専門学校ホームページ]

http://www.h-aiken.com/relearning.html

 

 

A:8団体の動物看護師資格のいずれかを2012年4月1日以前に取得し、動物看護師としての勤務歴が1年以上の者

 

 

2016年度実施講座

2017年度実施講座

高位平準動物看護概論
(履修教科数)

畜産学

動物看護学

院内コミュニケーション入門

クライアントエデュケーション入門

臨床動物看護学

動物疾病看護学

必要

×

×

×

×

×

×

(2教科

※自律学習および受講終了後の確認テスト含む

※「高位平準動物看護概論」の10講座の中から自由に選択することができます。

 

 

 

B:動物看護系の学校を2012年3月31日(移行措置期間)以前に卒業し、動物看護師としての勤務歴が2年以上の者

 

 

2016年度実施講座

2017年度実施講座

高位平準動物看護概論
(履修教科数)

畜産学

動物看護学

院内コミュニケーション入門

クライアントエデュケーション入門

臨床動物看護学

動物疾病看護学

必要

×

×

×

×

×

×

(4教科

※自律学習および受講終了後の確認テスト含む

※「高位平準動物看護概論」の10講座の中から自由に選択することができます。

 

 

 

C:動物看護系以外の大学を2015年3月31日以前に卒業し、動物看護師としての勤務歴が3年以上の者

 

2016年度実施講座

2017年度実施講座

高位平準動物看護概論
(履修教科数)

畜産学

動物看護学

院内コミュニケーション入門

クライアントエデュケーション入門

臨床動物看護学

動物疾病看護学

必要

×

必要

必要

必要

×

×

(5教科)

(2教科)

(1教科)

(1教科)

※自律学習および受講終了後の確認テスト含む

※各教科の講座の中から自由に選択することができます。

 

 

 

D:実験動物関係者(実験動物1級技術者を取得した者)

 

2016年度実施講座

2017年度実施講座

高位平準動物看護概論
(履修教科数)

畜産学

動物看護学

院内コミュニケーション入門

クライアントエデュケーション入門

臨床動物看護学

動物疾病看護学

必要

×

必要

必要

必要

必要

必要

(全教科)

(全教科)

(全教科)

(全教科)

(全教科)

(全教科)