一般財団法人化にあたって

 

 本年2月1日、動物看護師統一認定機構は一般財団法人として活動することになりました。従来の活動と大きな変化はありませんが、法人格を取得したことにより、さらに社会的責任を持って動物看護師の認定事業を進めて行く決意です。
 本機構では、動物看護師の高位平準化を図るため、決められたカリキュラムを修了した学生等に試験を課し、その合格者を認定動物看護師として認定する活動を行って参りました。このような教育体系と厳格な試験により、より高いレベルの動物看護師を育成し、市民社会、獣医界から要望される動物看護師像を達成することが大きな目標です。同時に、動物看護師の社会的地位を高め、より良い待遇を得るためにも動物看護師の公的資格化に向け、様々な活動を行っております。
 今回の一般財団化を機会に、組織体制も見直しを致しました。従来通り、受験資格認定や統一試験に関わる委員会に加え、動物看護師に対する教育内容の質保証のための委員会も設置しました。一方、動物看護師に課すカリキュラムも導入から数年が経過しましたが、その見直しや動物看護師を養成する大学と専修学校のカリキュラムのすり合せに関しても早急に検討する予定です。
 今後も日本獣医師会、日本動物看護職協会など関連諸団体と協力して動物看護師の育成に務めて行く所存ですので、より一層のご支援をお願い致します。

 

2016年2月1日

一般財団法人 動物看護師統一認定機構機構長 佐々木 伸雄